英語発音と日本語発音

英語発音と日本語発音に共通の音はあるでしょうか?もちろんあります。

SAS開発物語の中に出てくる斉藤厚見先生によれば、日本語発音で英語発音はできるそうです。

斉藤先生がお住まいの長野県の伊那市、伊那市に梨はなりますか?

「伊奈梨なる?」の発音とInternationalの発音は酷似しています。

「インターナショナル」と発音しても英米人には通じないこともありますが、「伊奈梨なる」なら通じます。

 

さて、英語初心者がInternationalを発音するとどんな音になるでしょうか?日本語の音ではない妙にこもったような音を出すのです。

音が口元から垂れるような感じの発声です。

日本語なら綺麗に「伊奈梨なる」と発音できるのに、英語になった瞬間に日本語と共通の音まで忘れてしまって、聞いたこともないような気持ち悪い音になってしまいます。

それが日本人の英語発音の現実なのです。

上のYoutubeビデオではLの発音を日本語の「え」と「お」を使って解説してあります。つまり日本語の音を上手に使えばもっと聞き取りやすい、通じる英語発音ができます。

 

SASのおかげで私(山崎)は世界中どこに言っても一発で英語が通じます。そのコツは声を前に出すこと(口元から垂らさない)、声帯を上手に使って響く声を出すこと、です。

 

SASトレーニングがビデオになりました。上の画像をクリックしてお求めください