日本人の発声法はどう違うのか?

あかさたなはまやらわ

AKSTNHMYRW

あ行を除くか行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行は子音+母音です。

たとえば、「か」はK+A、「ぬ」はN+Uです。

日本語は子音+母音という構造になっているために、息を止めながら声を出します。

一方、英語は息を止めずに声を出します。

はぁ〜と吐いた息の上に声が乗ってI love you.と言います。

日本語で無理に言おうとするとこんな感じでしょうか。あーらーぶゅー

日本人はこのI love you.をアイラブユーと発音します。

英語のあーらーぶゅーは声が響きますが、日本語のアイラブユーは息が止まりながら出るので響きません。

声が響くか響かないかは声帯の震え方が大きいか小さいかで決まります。

声帯(筋肉)に力が入り過ぎていると震えが小さくなります。とは言っても力が抜け過ぎるとこれまた震えません。

適度な力で声帯が閉じているときに、ほんの少しの息が通ることで声帯が震えます。

日本人の発声方法は力が入り過ぎているためにたくさん息を吐かないと声帯が震えません。その発声方法では喉を痛めてしまいます。

英語発声方法をマスターできれば、英語だけではなく日本語も響く声で発声できるようになります。

SASトレーニングがビデオになりました。上の画像をクリックしてお求めください